アーカイブ

カテゴリー

カレンダー

2015年5月
« 12月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031

どのような病気なのか

いろいろなカプセルのシート

アルツハイマーとは、生まれつきの異常な遺伝子によって、認知機能が低下してしまう病気です。
最初は、人や物の名前を忘れる程度のボケから始まり、日にちと曜日、お金の管理の仕方がわからなくなり、その次に、自分の家の場所や自分の住んでる周辺のことがわからなくなり、自分の妻や息子など家族のことがわからなくなってしまい看護が必要になり、最終的には、寝たきりの状態になることから、数年かけて段々と症状がひどくなることが特徴です。
残念ながら、この病気は、一度かかってしまうと治療をして治すことは難しいんですが、生活習慣を正したり、日常生活で頭をいつも以上に使うような生活にすることで、症状の進行を遅くすることができます。

アルツハイマーの予備軍で、軽認知症障害(MCI)と呼ばれるものが最初に起きるが、この状態の時の対処次第では、アルツハイマーにならないようにできることができます。
MCIでの段階で、生活を改善する点は、睡眠が足りない方は昼寝を30分したり、運動不足の方は、ウォーキングやランニングをする、食事で偏っているものしか食べない方は、緑黄色野菜や青魚を食べることが必要です。
また、料理を作ることや服を作ること、絵を描くことなど新たな趣味を作ることも症状の進行を食い止めることができるそうです。
一番、病気の進行を食い止めることができることは、活発に動き、頭を使うスポーツをすることです。
病気にかかった人の脳は、CT検査をした結果によると脳は委縮している状態ですが、社交ダンス、卓球などしている方は、脳に萎縮があっても生活に異常がない生活ができていることから、活発に動き、頭を使うスポーツをするのが一番、進行を食い止めることができるといわれています。

この病気は、普段の生活習慣に気を付けることで、ならないようにできることができます。
まず、この病気にかかる人は、生活習慣病にかかっている人、頭をあまり使わないこと、偏食の人、酒を飲むのが好きだという人、煙草を吸う人などがなリ安いといわれています。
なので、睡眠時間は、きっちりとる、煙草はできるだけ吸わない、酒もできるだけ飲まない、食事はバランスが摂れた食事をすること、脳トレや数学の問題集などを買って頭を使うことを普段するような生活をするように心がけてください。
また、この病気は、魚をあまり食べてない方に発症されるらしく、最近の若者は、あまり魚を食べない傾向にあるので、若い人たちと魚を普段あまり食べない人は、魚をできるだけ多く食べれる食事ができるようにすることをお勧めします。

オススメリンク

アルツハイマーの治療についてならこちらをチェックしよう!:最新版 アルツハイマーの症状と治療ガイド

認知症の周辺症状と治療

アルツハイマー型周辺症状には、せん妄、感情や意欲の障害、幻覚や妄想、徘徊があります。
日ごろと比べ言語や態度、行動のまとまり著しく悪化した時にせん妄が疑われます。
具体的には、落…Read more

関連リンク

    現在の取り組み

    アルツハイマー病に関係する、脳の中のタンパク質の蓄積と特定の遺伝子の関係を明らかにしました。今後早期診断に向け...

    Readmore

    認知症の中隔症状

    日本では現在、認知症疾患の中でアルツハイマー型認知症の割合が最も多くなっています。記憶障害や見当識障害を中心と...

    Readmore

    認知症の周辺症状と治療

    アルツハイマー型周辺症状には、せん妄、感情や意欲の障害、幻覚や妄想、徘徊があります。日ごろと比べ言語や態度、行...

    Readmore